印刷のことなら株式会社トミナガ

社長挨拶・経営指針

株式会社トミナガ 代表取締役 冨永 護からのご挨拶です。

弊社は1964年の創業以来、50有余年印刷関連業に従事して参りました。
創業当時の1964年~1970年代は、亜鉛板による写真凸版製版工場として稼動し、1980年台からは写真製版業に転換すると共に、オフセット印刷工場を立ち上げ総合印刷業へと発展を遂げて参りました。

そして、1990年代に訪れたパソコンで印刷物用データを作るDTP化と、長年培って来た写真製版技術を融合させ、アナログからデジタルへ、フイルムからCTPへと変革を遂げて参りました。さらに、2000年代に入るとWEBの普及やITの進化によって、情報伝達方法が紙媒体のみならず、電子媒体でも可能になりました。そのなかで紙媒体のメリットを追求し、印刷物のクオリティを向上させることに努めて参りました。

2010年以降は紙媒体の良さを追求しつつも、様々な素材に印刷という付加価値を乗せるための取組を行ない、お客様に幅広く印刷サービスをご提供できるよう努めております。弊社はこれからも常に変化する市場環境や、お客様のご要望に柔軟にさせていただくことを目的として事業を推進して参ります。株式会社トミナガを宜しくお願いいたします。

代表取締役社長 冨永 護

「会社の繁栄と社員1人ひとりの物・心両面の充実を実現する」
●お客様第一に知恵と技術で好品質(Love Quality)を実現する。
●仕事をする自分に誇りを持ち、人・物を大切にし、明るい職場を実現する。
●「ありがとう」感謝の気持ちをお客様、社員1人ひとりに形で現わす。
「会社の継続、継承、進化」
変わりゆく市場に対して、素早く対応できる企業になろう。
ミスをした時の、つらさ、無念さを思い出せ!
クレームを出したときの苦しみを忘れるな!
「こだわりを持ち、確認の徹底をしよう」

会社案内トップへ戻る